英語が苦手な人に適している予備校が四谷学院になります

四谷学院独自の「55段階個別指導」の基礎

予備校 / 大学受験の塾・予備校なら東進 - 東進ハイスクール

業績を順調に伸ばしている四谷学院四谷学院独自の「55段階個別指導」の基礎英語が苦手な人は予備校の中でも四谷学院が適しています

そのために、中学校で行われる授業のレベルから難関大学に合格することが可能なレベルに至るまで、成功体験やスモールステップを積み重ねて勉強することが可能な仕組みを開発したのです。
この仕組みが、四谷学院独自の「55段階個別指導」の基礎となっています。
「55段階個別指導」は高校卒業認定試験や大学入学試験に合格するための仕組みでしたが、2005年以降は小学生向けの「55段階個別指導」や、自閉症となった子どもたちが自宅で勉強することが出来る仕組み、社会人用の資格通信講座なども考案され開発されているのです。
理解力を向上させる「科目別能力別授業」と、試験で高い点数を獲得することが可能な解答力を高めてくれる「55段階個別指導」を融合したオリジナルの「ダブル教育」を実施しています。
一般的な予備校で集団で受講する授業は、生徒によって内容があまりにも難しくて付いていけない人が出てきたり内容が簡単過ぎて退屈と感じる人が出てきたりします。
このような生徒のフラストレーションが溜まりがちです。
ですので四谷学院では、レベル診断テストを毎月行なって、自分の学習レベルに応じた講義を受けることが出来るようにしています。
このことによって講義の内容を充分に理解することが可能です。

本日の社会保険労務士試験ですが
金曜日の透析後から続いていた
体調不良のため受験を
断念しました。

 
今年度は予備校講師や他の
受験生の皆さんと交流させて
いただき、モチベーションが
上がっていました。


それだけに不甲斐ない気持ちで
一杯です。
      (1/2)

— 5(ゴウ)@3倍返しは1日あたり9件まで (@5gou5gou5gou) 2019年8月25日