英語が苦手な人に適している予備校が四谷学院になります

業績を順調に伸ばしている四谷学院

少子化が進む社会の中で他の予備校や進学塾が苦しんでいる状況に陥っている中で、業績を順調に伸ばしているのが四谷学院です。
流行となっている個別指導スタイルだけではなく、オリジナルのダブル教育という仕組みで楽しみながら勉強することが出来るということで人気があります。
難関大学の入学試験の対策だけではなく、基礎的なことから学び直すことが可能だと言うことが、大きいメリットです。
1970年代は受験競争が激化してきた時代背景の中で詰め込み式の教育ではなく、なりたい自分になるための教育を施したいと考えた創業者が、学習することが好きになるような教材を開発したいと考えて東京都新宿区四谷で1974年に創業したのが始まりになります。
5年の年月をかけて中学生向けの自宅で勉強することが出来る、「英語の才能開発」と「数学の才能開発」という教材を開発しました。
コラムやイラストが盛り込まれていて、音声で解説しているカセットテープも付属していた当時では非常に画期的な新しい教材と言うことで人気が高まったのです。
それから個別指導塾を開設して、その場で開発された「科目別能力別授業」と「55段階個別システム」を融合させた「ダブル教育」が良い評価を得て校舎を順調に増やしていきます。
2006年に大阪市の梅田という地域に校舎を構えてから関西地方だけではなく名古屋市や九州地方、北海道など日本全国各地に展開をし始めて、今では日本全国各地28件の校舎を運営している状態です。
2006年には「四谷学院通信講座」という通信教育サービスも開始しています。
「英語の才能開発」と「数学の才能開発」という教材が良い評価を得てから直接、この教材を利用して指導を行ってもらいたいという要望に応える形で、学習塾を開設することになった訳です。
その学習塾には中学生向けの教材であったのにも関わらず、小学生から現在では高校卒業認定試験に相当する大検を受験することを希望している人まで様々な年代の人たちが集まってきてしまいました。

業績を順調に伸ばしている四谷学院四谷学院独自の「55段階個別指導」の基礎英語が苦手な人は予備校の中でも四谷学院が適しています